スエージング加工 │ 日本クロス圧延

スエージング加工

スエージング加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スエージング加工とは、冷間で金型を回転させながら、材料を冷間鍛造する加工です。無垢材やパイプなどを絞ることができます。
またビレットを伸線可能な直径まで絞ることで、伸線の前段階が可能です。

 

伸線加工とよく似ていますが、金属組織が長手方向へ伸びていく伸線加工と違い、スエージング加工の場合は鍛造なので、組織が微細化していきます。
よってターゲット材料として使用した場合、均一な蒸散効果が得られます。
コンタミ防止には十分気をつけております。よって高純度材料の加工にも対応しております。


加工範囲

加工範囲 φ60mm〜φ0.3mm
熱間でのスエージング加工も可能です。

加工のご説明

ビレット

熱間鍛造ビレットです。

スエージング

完成です。上のビレットをスエージング加工によって、ロッドに仕上げました。

スエージング パイプ

パイプの絞り加工もできます。

スエージング 細い

針のように細いテーパー加工ができます。

スエージング加工

金型の設計により様々な絞り加工が可能です。

品質管理

iso9001

 

 

 

 

 

QAチームによる徹底した品質管理体制で製造しております。
ISO9001:2008 No,QAIC/JP/0546-B


お問い合わせ

株式会社日本クロス圧延
千葉県茂原市茂原697
TEL:0475-22-4151
FAX:0475-25-2338
cross@atuen.com