冷間圧延 コイル 箔

アルミ合金の圧延について

アルミ板

以前よりアルミ合金の加工をお願いされるケースが多くありましたが、圧延油に入ったアルミの微粒子をどうしても取り除くことができず、コンタミなど異物混入の問題でアルミ系材料の圧延加工は中止していましたが、このたびアルミ系の材料に対応するため、潤滑油のタンクを2系統に改造しました。
アルミニウムは専用の圧延油のタンクを使用することで、他の金属を加工する圧延油と完全に分離しました。それによりアルミ合金の圧延加工の対応いたします。

 

弊社では様々なアルミニウム合金に対応するため温間圧延機も設備しています。
マグネシウム合金(AZ31)にも対応します。AZ31で28μまでの実績があります。


アルミ合金用温間圧延機

温間圧延機

温度を精密にコントロールするホットプレート及び温風装置を取り付けたD200 2H圧延装置により、様々なアルミニウム合金の圧延加工に対応します。
1.0mm程度の厚みまではこの圧延装置で加工を行い、それ以下の寸法は張力圧延を行い50μ以下の箔まで対応いたします。


アルミ合金箔の圧延

アルミ合金圧延

弊社では5000番などのアルミ合金箔の製造が可能です。
圧延装置にはアルミ合金を加工するための工夫が随所に施されています。
厚み寸法は30ミクロン程度まで対応できます。


アルミ・アルミ合金圧延のポイント

対応可能な寸法

コイル材料を厚み:3.0mm〜0.03mmまでの範囲で自由自在に仕上げることができます。インチサイズなど特殊な厚みにも対応できます。

 

対応可能は形状

コイル材は3.0mm〜0.03mmまで、シート材は50mmから0.3mmまで対応できます。幅寸法についてはお問い合わせください。

 

温間圧延の対応

簡易的な温間圧延機の設備があります。加工可能な寸法に制限がありますが対応いたします。

 

アルミ合金の対応

各種アルミ合金の加工にも対応しています。事前に加工テストをすることで圧延加工の可否判断ができます。

 

量産について

弊社の圧延設備はアルミ用の専用機ではなく汎用機なので、加工速度が遅いため量産には対応できません。

 

コンタミ防止について

弊社の圧延装置の加工油タンクは2系統に分かれています。ステンレスなどニッケル合金用とアルミ系の材料で、圧延油を分けることでコンタミを防止しています。

 

品質管理

iso9001

QAチームによる徹底した品質管理体制で製造しております。
ISO9001:2015 No,QAIC/JP/0546-B


お問い合わせ

株式会社日本クロス圧延
千葉県茂原市茂原697
TEL0475-22-4151
FAX0475-25-2338
cross@atuen.com